2015年12月14日月曜日

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059 底本
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059 底本

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059 ルビ付
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059 ルビ付


06「さ万(ま)/\尓(に)」 文字欠損のため他版参照

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059 変体仮名
01 乃(の)三(み)也
02 尾花澤尓(に)て清風と云者を尋
03 ぬ可(か)連(れ)八(は)冨るものなれとも志いやし
04 可(か)らす都尓(に)も折々可(か)よひてさ
05 す可(か)尓(に)旅の情をも知多(た)れ八(は)日比
06 とゝめて長途のい多(た)八(は)りさ万(ま)/\尓(に)
07 もてなし侍る
08  涼しさを我宿尓(に)して祢(ね)まる也

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 059
濁点・現代仮名・(読点は曽良本に従う)
01 のみ也
02 尾花澤にて、清風と、云者を尋
03 ぬ、かれは、冨るものなれども、志、いやし
04 からず、都にも折々、かよひてさ
05 すがに旅の情(じやう)をも知たれば、日比
06 とゞめて、長途(ちやど)の、いたはり、さま/"\に
07 もてなし侍る
08  涼しさを我宿にしてねまる也

諸本の異同の対照
井筒屋本
柿衛本
曽良本
芭蕉自筆本
059.02()
48.07(もの)
21b.05(もの)
18a.06(もの)
059.03(とも)
48.08()
21b.06(とも)
18a.07(とも)
059.03-04(志いやしからす)
48.08-09(心さし賤しからす)
21b.06(心さしいやしからす)
(心さしさすかにいやしからす)(さすかに)消し
18a.07-08(心さしさすかにいやしからす)
059.04-05(さすかに旅の情をも)
48.10(さすかに旅の情をも)
21b.07(さすかに旅の情をも)
18a.09(旅の情をも)
059.05(知たれは)
48.10(しりたれは)
21b.07(しりたれは)
18a.09(しりたれは)
059.06(いたはり)
49.01(労り)
21b.08(いたはり)
18a.10(いたはり)
059.06(さま/\に)
49.01-02(さま/\に)
21b.08(さま/\に)
(さま/\と)()見せ消ち右に()
18a.06(もの)
059.08(我宿にして)
49.03(我やとにして)
21b.09(我宿にして)
18a.11(我宿にして)