2015年11月13日金曜日

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052 底本
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052 底本

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052 ルビ付
おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052 ルビ付

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052 変体仮名
01 大門の跡八(は)一里こな多(た)尓(に)有秀衡
02 可(か)跡八(は)田野尓(に)成て金鶏山の三(み)
03 形を残す先高館尓(に)の本(ほ)れ八(は)
04 北上川南部より流るゝ大河也
05 衣川八(は)和泉可(か)城をめくりて高館
06 の下尓(に)て大河尓(に)落入康衡等可(か)
07 旧跡八(は)衣可(か)関を隔て南部口
08 を佐(さ)し堅め夷を婦(ふ)せくとみえ多(た)り

注:
06 落入---落入る

おくのほそ道 素龍筆 井筒屋本 052
濁点・現代仮名・(読点は曽良本に従う)
01 大門の跡は、一里こなたに有、秀衡
02 が跡は、田野(でんや)に成て、金鶏山のみ、
03 形を残す、先、高館(たかだち)に、のぼれば、
04 北上川、南部より、流るゝ大河也、
05 衣川は、和泉が城を、めぐりて、高館
06 の、下にて、大河に、落入る、康衡等が、
07 旧跡は、衣が関を、隔(へだて)て、南部口
08 を、さし堅め、夷(えぞ)をふせぐと、みえたり、

諸本の異同の対照
井筒屋本
柿衛本
曽良本
芭蕉自筆本
052.01()
42.10(あと)
19a.08()
16a.03()
052.01()
42.10(あり)
19a.09()
16a.04()
052.02(成て)
43.01(なりて)
19a.09(なりて)
16a.05(なりて)
052.03(残す)
43.02(のこす)
19b.01(残す)
16a.05(残す)
052.04(流るゝ大河也)
43.03(なかるゝ大河なり)
19b.02(流るゝ大河也)
16a.07(流るゝ大河也)
052.05(和泉か城)
43.04(いつみか城)
19b.02(和泉か城)
16a.07(和泉か城)
052.07(隔て)
43.06(隔て)
19b.04(隔てゝ)
16a.09(隔てゝ),
注:岩波では、()を認めない。
052.08(さし堅め)
43.07(指かため)
19b.04(さし)
()見せ消ち右に(さし)
16a.10(指かため)
052.08()
43.07()
19b.04()(エソ)
(ゑそ)見せ消ち右に(),()(エソ)ルビあり
16a.10(ゑそ)
052.08(みえたり)
43.07(みえたり)
19b.05(見えたり)
16a.11(見えたり)